小児矯正(子どもの矯正治療)

「大人になってからの矯正とは何が違うの?」

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子どもの時期から始めることでしか得られないメリットがあるのも事実です。

子どもの矯正 ~2つ大きなメリット~

1. 不正咬合になる原因を取りのぞくこと

たとえば、乳歯が何らかの原因で通常より早くに抜けてしまうと、生じたスペースに周りの歯が移動して、歯並びを悪くしてしまいます。このような場合にも、適切に対応することで将来的な不正咬合を未然に防ぐことができます。

2. 顎の成長をコントロールすること

顎がまだ成長途中なので、好ましくない方向への成長を抑制したり、逆に成長を促す、という働きかけを行うことができます。治療法の選択肢に幅が出てくるということですね。歯をできるだけ抜きたくないなどのご要望にも応えられる可能性が高まります。

「子どもの矯正はいつ始めたらいいの?」

お子様によって、ふさわしい治療開始時期は様々ですが、歯の生えかわりが始まった頃が、ひとつの目安といえるでしょう。

歯と歯の間に隙間がある
(空隙歯列)
上下の歯が横にずれている
(交叉咬合)
下の歯がほとんど見えない
(過蓋咬合)
下の歯が前に出ている
(反対咬合)
歯並びがでこぼこしている
(叢生)
上下の歯が噛み合わない
(開咬)

上記のようなケースの場合、早めに矯正医にご相談いただくことで、より負担の少ない治療方法を選択することが可能となる場合があります。

「今、お子様の歯と顎の成長に対して、何かできることがあるのか知りたい」という方には、一度カウンセリング相談を受けていただくことをお勧めします。

子どもの矯正の流れ

子どもの矯正治療には、3つのステージがあります。

Ⅰ期治療・・・幼児・小学生から

乳歯の頃、または歯の生え変わる時期(混合歯列期)に行います。あごの骨のバランスや大きさを整える、いわば土台づくりを主な目的としています。このことで、なるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることにもつながります。
当院では様々な装置の中から個々の患者さまの症状にあわせたオーダーメイドの装置を作製し、使用しています。

Ⅱ期治療・・・中学生・高校生の頃

矯正治療のゴールは永久歯列における永久歯が生えそろってから行います。
歯並びと噛み合わせを整えることを目的とし、すべての不正咬合が治療対象となります。

保定期間

装置をはずした後、何もしないと歯は元の位置に戻ろうとします。この「後戻り」を防ぐため、保定装置(リテーナー)と呼ばれる装置を使い、矯正治療中に動かした歯列の位置を安定させます。